トゥルーブラッド シーズン7 第4話より:

man up
毅然とした態度をとる、しっかりする、めそめそ・くよくよしない


ヴァンパイアと彼らを町から追い出そうと武装した町民との間に諍いが起き、
アルシードと、ホイトの母が命を落とす。

スーキーはアルシードの父・ジャクソンに
ジェイソンはアラスカに居るホイトに、それぞれの家族の死を告げる。

ホイトは町を出る前に、ジェシカにより記憶を消されているため
ジェイソンのことも覚えていない。

母の死を聞きすすり泣くホイトをなぐさめることも出来ないジェイソンは
保安官という立場を忘れ、ついスーキーに弱音を吐いてしまう。

What’s the matter, Sookie?
どうしたんだい、スーキー?(ジャクソン)

There’s no real easy way to say this It’s Alcide.
とても言いにくいけど、アルシードが。(スーキー)

He’s… he’s gone.
彼が・・・亡くなったの。(スーキー)

(中略)

When do you think you’ll be able to make it by?
いつこっちに来られる?(スーキー)

Jenny and I, we have some loose ends to tie up and then we’ll hit the road.
ジェニーとちょっと用事を片付けてから向かう。(ジャクソン)

(中略)

Hey, you pull it together, all right?
兄さんうろたえちゃ駄目よ、いい?(スーキー)

People are looking to you for…
人が見てるし・・・(スーキー)

I don’t care if people are looking.
どうだっていい。(ジェイソン)

You have to ’cause you’re it, Jason. You’re the law.
よくないわ。町のリーダーなんだから。(スーキー)

(中略)

I can’t. I’m not that strong.
無理だ。 俺はそんなに強くない。(ジェイソン)

You don’t think I wanna cry? I do.
私がつらくないと思う? つらいわよ。(スーキー)

It is all I wanna do.
今すぐ声を上げて泣きたい。(スーキー)

But I’m manning up, and you gotta man up, too.
でもしっかりしなきゃ、兄さんもよ。(スーキー)


tie up loose ends「(やりかけの仕事を)やり遂げる、片付ける」

pull yourself together「しっかりしろ、正気になれ」

Hey, you pull it together, all right?
(ねえしっかりして、いいわね?)=「うろたえちゃ駄目」。

強いショックや驚きを受けて、気もそぞろになる、上の空になる、気が散る
そのバラバラになった気持ちを pull it together(引っ張ってひとまとめにする)
=「しっかりして、うろたえるな」となります。

You don’t think I wanna cry? I do
(私が泣きたくないと思ってるの? 泣きたいわよ)
It is all I wanna do
(今私がしたいのはそれだけ)=「今すぐ声を上げて泣きたい」。

恋人アルシードはスーキーを守ろうとして町民の銃撃を受けてしまいました。

そのショックをぐっとこらえて
ホイトが自分をすっかり忘れていて、終始他人行儀だったことがつらい、
と嘆くジェイソンを叱咤する妹。

そして man up は「毅然とした態度をとる、しっかりする、めそめそ・くよくよしない」。

直訳すると「男らしくしゃきっとしろ」みたいなことで、
主に男らしい態度、毅然とした姿勢を求める際に使われますが
スーキーのように女性が使うことも。

But I’m manning up, and you gotta man up, too
(でも私は毅然としてる、あなたもそうしなきゃ)。

そういえばタラも本当に死んでしまったようで、今回はアルシード、
エリックも不治のウィルスに感染してますし
フィナーレへ向けてだんだん主要メンバーが減っていってます。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話