先日から「Japan’s most polarising superfood -「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」を読んでいます。

ついに「納豆インフルエンサー」まで誕生。


・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(1)
・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(2)
・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(3)
・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(4)
・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(5)
・「日本一好き嫌いの分かれるスーパーフード?」(6)

Some people, like Mayuko Suzuki, have an entirely different level of appreciation for the simple dish.
スズキマユコさんのように、この単純な一品への評価がまるで異なる人もいる。

She eats nattō two to three times a day and has made a career out of being a “nattō influencer”.
彼女は1日に2~3回納豆を食べ、「納豆インフルエンサー」としてのキャリアを築いている。

Known on YouTube and Instagram as Nattō Musume (Nattō Girl), Suzuki promotes restaurants serving unusual nattō-inspired dishes and shares her own recipes containing the slimy soybeans.
YouTubeやInstagramで「納豆娘」として知られるスズキさんは、納豆に触発された珍しい料理を提供するレストランを宣伝したり、ぬるぬるした大豆を使ったレシピを共有している。


slimy「ぬるぬるした、粘液性の、泥だらけの、不快な、いやらしい、こびへつらう、卑屈な、誠実さのない」。

She regularly shares photos of dubious combinations like nattō pasta, nattō pizza and even nattō gelato.
彼女は定期的に納豆パスタ、納豆ピザ、果ては納豆ジェラートといった、怪しげな組み合わせの写真を上げている。


dubious「疑っている、不審に思っている、疑ぐるような、怪しい・疑問に思って、いかがわしい、うさんくさい、真意のはっきりしない」。

“I like the unique taste that the fermentation brings,” she explained.
「発酵がもたらす独特の味が好きなんです」と彼女は言う。

“When you add nattō to your recipes, it manages to add both rich and mellow notes to the food.”
「レシピに納豆を足すと、豊かでまろやかな風味が料理に加わります。」

Given her enthusiasm, it’s no surprise that Suzuki has made three visits to Sendai-ya, an all-you-can-eat nattō restaurant in Tokyo.
この熱意からすれば、彼女が東京にある納豆食べ放題の店「せんだい屋」を3度訪れたのも当然だろう。

For about 900 yen (£6.75), customers can devour several variations on the dish, including edamame nattō, goma (sesame) nattō and wakame (seaweed) nattō.
ここではおよそ900円(£6.75)ほどで、枝豆の納豆、ゴマの納豆、わかめの納豆など、バリエーションに富んだ料理を楽しめる。


devour「むさぼり食う、がつがつ食う、~を滅ぼす、むさぼり読む、熱心に聞き入る、夢中にさせる、悩ませる」。


枝豆の納豆はともかく、ゴマ、わかめというのは、多分トッピングかなと思うんですが、食べ放題と言われても、そんなに食べられるものなのかどうか??

大豆は食べ過ぎると腸に穴が開く「リーキーガット症候群」を引き起こす可能性があるとされていますが、発酵させていると、この心配が無いそうです。

なので納豆はドンドン食べてOKなんでしょうが、この店を訪れた方は、何杯くらい食べるんでしょうね(若いってイイなあ・笑)?

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記